運転免許再発行の条件

運転免許証をどこかに置き忘れてしまった、盗まれてしまったということで手元にない状態になった場合、再交付(再発行)の手続きをおこなうことにより、再び入手することが可能です。
また、遺失や盗難だけでなく汚れて記載されている内容がわからない状態になってしまったり、折れたり割れたりしてしまった場合にも、再交付の手続きをおこなうことができます。


なお、よく免許証の顔の写りが気に入らないために再交付を希望する人がいますが、これで再交付を受けることはできません。
紛失したといって申請しようとする人もいますが、これは犯罪行為ですのでやめましょう。


また、運転免許証の再交付申請ですが、絶対に本人がおこなわなければいけない決まりになっています。
友人や知人にお願いして再交付申請をおこなうことは認められませんし、家族であっても代わりに手続きをおこなえないのです。
仮に本人になりすましてほかの人が手続きをした場合には罰せられてしまいます。


それから、運転免許証の再交付に関して、手続きをしたからといってとくにペナルティを受けるようなことはありません。
免許証の有効期限は変わりませんし、点数がマイナスになったり、免許証のグレードが下がったりすることもないので安心しましょう。


ここでは再交付のための条件を述べましたが、当サイトではほかにも必要書類や対応してくれる場所、費用に関することもまとめています。
再交付申請をしたい人にとって役に立つ情報を提供していますので、チェックしていただけると幸いです。


○特選サイト
運転免許をなるべく早く安く取りたい方向けの合宿免許総合情報サイトです・・・合宿免許

Copyright © 2014 運転免許を再発行するには All Rights Reserved.